歯科医師臨床研修プログラム

地域完結型医療を実現する歯科医師を育成するために、当院では地域医療中核病院や大学病院との連携のもと、一般科診療研修に加えて特別臨床研修プログラムを展開しています。


診療参加型だから、目指す歯科医師像が見えてくる

歯科医師臨床研修プログラムは診療参加型を基本としています。さまざまな歯科医療形態を肌で学ぶことで、一人ひとりが目指す歯科医師像が見えてきます。

歯科医師臨床研修

研修歯科医の習熟度別に3つのコースを設置しています。

ベーシックコース(基本習熟コース)

患者さんの立場に立って一人ひとりに必要な歯科医療を提供するために、基本的な診療に必要な臨床能力を身につけます。

  • ■医療面接
  • ■予防・治療基本計画
  • ■高頻度治療
  • ■総合診療計画
  • ■応急処置
  • ■医療管理・地域医療

アドバンスドコース(基本習得コース)

生涯にわたる研修を見据え、幅広い医療に関する知識や態度、技能を習得する姿勢を身につけます。

  • ■救急救命措置(協力型施設)
  • ■医療管理
  • ■医療安全・感染予防
  • ■地域医療
  • ■経過評価管理
  • ■医療連携(協力型施設)

特別研修

行政及び社会福祉施設に対する理解を深め、患者さんに求められる歯科医療を提供するために、管理型施設(当院)で研修を行います。

  • ■訪問歯科診療研修(介護保険を含む)
  • ■特別養護老人ホーム研修
  • ■がん患者等の周術期口腔機能管理研修
  • ■保健所研修