歯の痛みがつらい

歯科医師
大野 恵子

痛みをやわらげるための努力と
さまざまな治療の選択肢を
ご用意しています。

虫歯は、気がつかないうちに歯の内部まで進行する感染症です。虫歯の原因細菌がお口の中の糖分を利用して「酸」を作り、その酸によって歯が溶かされ、神経や歯にダメージが起きる病気です。放置しているとズキズキと激しい痛みがでるだけではなく、歯が折れたり、神経が腐ってしまいます。また、ひどい場合には歯を抜く原因になることもあります。
当院ではまず問診で症状を細かく把握し、目視ではわからない虫歯や歯周病をレントゲン検査や歯周病の検査などの情報を元に病状を診断します。患者さんには今後の治療計画をご提案します。激しいお痛みはその日のうちにやわらげる処置を行いますのでご安心ください。


虫歯治療
できるだけ「削らない・抜かない」治療を心がけています。

初期の虫歯や歯の小さな欠けは、見た目ではわかりにくく痛みもありませんが、この段階で発見できれば、歯を削る量が少なく治療期間が短くすむ治療も可能です。
虫歯は一旦治療が終わっても再発することがあります。つめ物やかぶせ物の周りは虫歯になりやすい場所です。歯とつめ物の継ぎ目は歯垢がたまりやすく、お口の中の温度変化やかむ力、素材の強度や弾力などの色々な要因によって、継ぎ目に隙間ができることがあります。お口の中の衛生状態が悪く虫歯のリスクが高いまま放置すると、虫歯は何度でも再発します。
大切な歯をできるだけ「削らない・抜かない」ために、ぜひ定期的な歯科受診をお勧めします。

さまざまな治療方法を用意し、患者さんが選択する「インフォームド・チョイス」

当院は治療に関するさまざまな方法をご提示した上で、患者さんに選択していただく「インフォームド・チョイス」を推進しています。保険診療でも保険適用外診療でも質の高い医療を提供する努力をします。

治療の説明が分かりやすい「大型モニター」

レントゲンや口腔内写真を撮影後すぐに大型モニターで確認できるシステムにより、治療計画の説明が分かりやすくご理解いただけます。患者さんごとに画像を保管しますので、治療前と治療後の変化もご確認いただけます。

金属を使わない保険治療 「コンポジットレジン充填」

コンポジットレジンは医療用に開発された樹脂です。当院ではできるだけ金属を使用せず、歯を削る量が少なくて、見た目に違和感が少ない治療が可能なコンポジットレジン充填による虫歯の治療をおこなっています。
コンポジットレジンの欠点は強度です。強い力が加わると割れたり、すり減ります。大きな虫歯の治療や、かみ合わせの力が強い方は別の治療法を選択します。また、数年単位で着色・変色が見られるため、再治療を行うこともあります。

保険治療の最新の白い被せ物 「CAD冠」

2014年4月の保険改定で、歯科用CAD/CAM システムを用いたハイブリッドレジンによる歯冠補綴「CAD冠」が先進医療から保険治療に導入されました。当院ではいち早くCAD/CAMシステムを導入し、院内技工で製作しています。
材料であるハイブリッドレジンは、レジンにセラミック系の微粒子を混ぜることでレジンの弱点である強度を改善した素材です。しかしながら、強度では金属には劣ります。強い力がかかるかみ合わせの歯には割れやすいため使えません。CAD冠は白いかぶせ物なので審美性がよく、金属アレルギーでお困りの方にも安心です。保険適用外診療のセラミックス冠には強度も審美性もかないませんが、保険治療で少しでも金属を使用したくない方には適しています。ただし保険適応になる条件が定められており、すべての歯には認められていません。

痛みの少ない麻酔注射 【電動麻酔注射器】

麻酔注射は麻酔液を注入する際の圧力によって痛みを感じる場合があります。当院では電動麻酔注射器と細い針を使ってゆっくりと麻酔液を注入。コンピューター制御により余分な圧力が加わらず、一定の速度で注入することが可能なため、手動の注射器よりも痛みを抑えることができます。「ほとんど痛くなかった!」との声を数多くいただいています。

小児歯科治療
「お子さんと歯医者さんの信頼関係」を大切にしています

お子さんにとって「歯医者さん=元気になれる場所」と感じることができれば、大人になっても歯科と上手に付き合っていけるはず。当院では急ぐ必要のない治療なら「今日が無理ならまた今度ね」と、無理強いすることはありません。「ちゃんと通えた」「治すことができた」という嬉しい記憶を残せるよう、お子さんの慣れやペースに合わせて対応しています。

乳歯が生え始めたら歯の健康診断

お子さんの成長は早く、お口の中の環境も日ごとに変化していきます。4カ月に一度ほどの通院ペースで、虫歯やかみ合わせの問題を早期発見することも可能です。歯並びやかみ合わせについては、経過を見ながら矯正治療に移ることもできます。

ブラッシング指導

虫歯が少ない子は歯磨き上手が多いもの。歯ブラシの動かし方や磨き残しをチェックしながら、正しいブラッシングを指導します。また、食べ物による虫歯を防ぐための摂食指導も行います。

歯を強くするフッ素塗布

フッ素は、歯を硬くする作用があり、乳歯・永久歯に関わらず生えた直後に塗るのが最も効果的です。当院では上下の前歯が生えてきたらフッ素塗布をお勧めしています。うがいができない年齢でもフッ素塗布は可能です。ただし、フッ素は虫歯予防の万能薬ではありませんので、塗ったからといって安心せず、きちんとした歯磨きや食生活をすることが大切です。

虫歯を予防するシーラント

シーラントとは生えたての奥歯の溝にフッ素配合の樹脂をつめて虫歯を予防する方法です。歯は削らないので痛みはありません。主に下の奥歯の6才臼歯が生えた頃に行います。シーラントをおこなった患者さんには、定期受診時にシーラントが割れていないか、すり減っていないかをチェックしています。