歯周病かどうか心配

歯科医師
大野 恵子

自覚症状がなくても
定期的な歯周病検査をお勧めします。

歯周病は、歯と歯ぐきの間に溜まった歯垢(プラーク)の中の歯周病菌によって起こります。この菌によって歯肉が炎症を起こし、やがて歯を支えている骨が溶かされて、最終的には歯が失われてしまいます。さらに怖いのは歯周病菌が血管を通って全身に広がってしまうこと。その結果、糖尿病や心疾患、肺炎、早産や低体重児出産などのリスクが高まります。
歯周病の初期は自覚症状はほとんどなく、歯のぐらつきや歯ぐきの腫れを自覚する頃にはかなり進行しています。「ちゃんと歯磨きしている」という人でも、子どもの頃の虫歯治療で入れた詰め物が経年劣化し、隙間から食べ物のカスが入り込んで歯周病が増殖するケースも少なくありません。早期発見・早期治療のために、定期的な歯周病検査をお勧めします。


歯周病検査
歯周病の進行度を知るために不可欠な検査です

歯周病検査では、歯ぐきの状態や出血の有無、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さや歯のぐらつき(動揺度)などを調べます。検査は保険が適用されます。

プロービング検査

「プローブ」という先の細い器具を使い、歯周ポケットの深さや炎症状態を測定します。一般に、ポケットが深いほど歯周病が進行しています。

動揺度検査

歯科用のピンセットで歯をつまんで動かすことで、ぐらつきの程度を測ります。ぐらつきが大きいほど歯周病が進行し、骨が吸収している状態を示します。

レントゲン検査

歯を支えている骨の状態を調べ、その吸収の程度や形態を確認します。プロービングでは確認できない歯周病の進行度合いをチェックします。

歯周病治療
進行度合いによって適切な治療計画をご提案します

歯周病検査によって歯周病と診断された場合、日常生活に支障が出ないよう応急処置を施した上で今後の治療計画を立案します。患者さんの了承が得られ次第、進行度合いに合わせた治療を行っていきます。歯周病を管理する上で最も重要なことは、ご自身で行う日々の歯磨きです。適切な歯磨きをして、お口の中の歯周病菌の量を減らしていくこと(プラークコントロール)が、治療効果を左右する最大の要因となります。そのため歯科医院では、セルフケアとしての適切な歯磨きができるように患者さんにブラッシング指導を行うとともに、歯磨きでは除去することができない歯石などの沈着物の除去を行います。歯周病の初期治療が終了し安定した状態が得られている時期を安定期といいますが、このような時期に1~2カ月に1度の歯周安定期治療を継続することをお勧めしています。

  • 軽度歯周炎

    正常な歯周ポケットは深さ1~2mmですが、歯周炎が進行すると約3~4mmになります。歯周ポケット内に歯垢や歯石が付着して炎症が広がり、歯ぐきが通常よりも赤くなったり、腫れてきたりします。

    【治療】
    • ●ブラッシング指導によるプラークコントロール
    • ●スケーリングによる歯石の除去、歯周ポケット内のルートプレーニング
    • ●専用器械を用いた歯面の清掃
  • 中等度歯肉炎

    歯周ポケットが4~6mmに進行。歯を支える歯槽骨の吸収も進行し、歯ぐきの腫れや出血などの自覚症状が増加します。歯ぐきの痛みや歯がしみる症状が現れることもあります。

    【治療】
    • ●ブラッシング指導によるプラークコントロール
    • ●スケーリングによる歯石の除去、歯周ポケット内のルートプレーニング
    • ●専用器械を用いた歯面の清掃
    • ●上記を行っても改善の乏しい部位については、歯周外科手術も適応
  • 重度歯肉炎

    歯ぐきの腫れや出血、口臭が日常的に見られ、歯の揺れや排膿も生じます。歯ぐきの痛みが生じることも少なくありません。

    【治療】
    • ●ブラッシング指導によるプラークコントロール
    • ●スケーリングによる歯石の除去、歯周ポケット内のルートプレーニング
    • ●状態に合わせた歯周外科手術
    • ●歯の動揺が著しいときや進行が抑制できないときは抜歯となるケースも