歯科医師臨床研修プログラム

プログラムの名称

医療法人社団神明会佐藤歯科医院複合型研修プログラム

プログラムの特徴と概要

医療法人社団神明会佐藤歯科医院複合型研修プログラムは、一般歯科診療研修に加え、特別研修として、訪問歯科診療研修、がん患者等の周術期口腔機能管理研修、特別養護老人ホーム研修及び保健所研修をとおして、地域に望まれる歯科医療を理解し、実践する臨床研修プログラムを形成している。 また、地域医療中核病院や大学病院との連携により、歯科診療時に起こりうる全身的偶発事故に適切に対処することが出来る歯科医師の育成をする。

歯科医師臨床研修の目的

一社会人として、一般社会に求められる態度、習慣を習得し、患者及びその家族の信頼を得ることができる人間教育を実践する。 また、臨床研修指導医のもと、歯科疾患の予防、診断、治療及びメンテナンスなどの幅広い歯科医療技術を習得し、高い専門知識、教養を備えた歯科医師の育成をする。

  1. 全人的な視点から得られた医療情報を理解し、それに基づいた総合治療計画を立案する。
  2. 歯科疾患と傷害の予防、診断、治療及びメンテナンスにおける基本的技能を身につける。
  3. 一般的によく遭遇する応急処置と、頻度の高い歯科診療処置を確実に実施する。
  4. 歯科診療時の全身的偶発事故に適切に対応する。
  5. 自ら行った処置の経過を観察、評価し、診断と診療に常にフィードバックする態度・習慣を身につける。
  6. 専門的知識や高度先進的歯科医療に目を向け、生涯研修の意欲への動機付けをする。
  7. 歯科医師の社会的役割を認識し、実践する。

参加施設概要

診療参加型の研修を基本としているので、歯科診療に必要な基本的な診療能力を身に付けることができる。研修により、さまざまな歯科医療形態を知る機会を得ることができ、自分のなりたい歯科医師像の方向性を探求することができる。

  1. 1.管理型臨床研修施設
    1)施設名
    医療法人社団神明会 佐藤歯科医院
    2)所在地
    岐阜県美濃加茂市古井町下古井2542-1
    3)開設者
    医療法人社団神明会
    4)管理者
    院長 佐藤 尚
    5)研修プログラム責任者
      副研修プログラム責任者
    院長 佐藤 尚
    副院長 大野 恵子
    6)指導歯科医
    院長 佐藤 尚
    副院長 大野 恵子
    歯科医師 近藤 隆行
    歯科医師 小藤 道代
    7)事務担当者
    事務長 山田 裕二
    8)施設の概要
        (平成30年4月現在)
    総診療ユニット:17台
    手術室:1
    入院個室:1
    9)施設の特徴
    平成8年11月
    佐藤歯科医院(個人)開設
    平成17年2月
    日曜休日歯科診療開始
    平成18年3月
    医療法人社団神明会佐藤歯科医院(法人)開設
    平成19年4月
    歯科医師臨床研修協力型施設開始
    ・東京医科歯科大学歯学部附属病院
    ・愛知学院大学歯学部附属病院
    平成20年3月
    全日制訪問歯科診療開始
    平成22年4月
    医療法人社団神明会佐藤歯科医院複合型臨床研修プログラム開始
    平成22年7月
    高齢者無料送迎サービス開始
    平成24年5月
    がん患者等の周術期口腔機能管理開始
    平成29年4月
    歯科医師臨床研修協力型施設開始
    ・日本歯科大学新潟病院
    平成30年4月
    歯科医師臨床研修協力型施設開始
    ・東京歯科大学水道橋病院

    ホームページアドレス:http://www.dentist-sato.com

  2. 2.協力型臨床研修施設
    1. ①施設名 地方独立行政法人 岐阜県立多治見病院
      1)所在地
      岐阜県多治見市前畑町5丁目161番地
      2)研修実施責任者
      歯科口腔外科部長 河原 康
      3)指導歯科医
      歯科口腔外科部長 河原 康
    2. ②施設名 日本歯科大学新潟病院
      1)所在地
      新潟県新潟市中央区浜浦町1-8
      2)研修実施責任者
      病院長 山口 晃
      3)指導歯科医
      病院長 山口 晃 他
    3. ③施設名 東京歯科大学千葉病院
      1)所在地
      千葉県千葉市美浜区真砂1-2-2
      2)研修実施責任者
      口腔外科部長 柴原 孝彦
      3)指導歯科医
      口腔外科部長 柴原 孝彦 他
  3. 3.研修協力施設
    1. ①施設名 社会福祉法人清風会 特別養護老人ホーム ハニーヒルズ
      1)所在地
      岐阜県美濃加茂市蜂屋町伊瀬540番地1
      2)研修実施責任者
      施設長 安藤 章宏
    2. ②施設名 岐阜県可茂保健所
      1)所在地
      岐阜県美濃加茂市古井町下古井2610-1
      2)研修実施責任者
      健康増進課長 宮 早苗

プログラムの管理運営体制

歯科医師臨床研修管理委員会を設置し、プログラムの管理運営を行う。

1.研修管理委員会の名称と構成

名称:医療法人社団神明会佐藤歯科医院 歯科医師臨床研修管理委員会

構成:
[管理型臨床研修施設]

院長
佐藤 尚
副院長
大野 恵子
副歯科衛生士長
生駒 弥来
事務長
山田 裕二

[協力型臨床研修施設]

研修実施責任者
河原 康(岐阜県立多治見病院歯科口腔外科部長)
研修実施責任者
山口 晃(日本歯科大学新潟病院病院長)
研修実施責任者
柴原 孝彦(東京歯科大学千葉病院口腔外科部長)

[研修協力施設]

研修実施責任者
安藤 章宏(特別養護老人ホームハニーヒルズ施設長)
研修実施責任者
宮 早苗(岐阜県可茂保健所健康増進課長)

[外部委員]

 
黒岩 正樹(黒岩内科小児科クリニック院長)
 
馬淵 春樹(まぶち耳鼻咽喉科院長)
 
前野 朝彦(患者代表)
2.研修管理委員会の業務

歯科医師の卒後の臨床研修に関する重要事項を審議決定する機関として、歯科医師臨床研修管理委員会を置く。
歯科医師臨床研修管理委員会は、当会の院長を委員長とし、副院長のほか、歯科衛生士長、事務長、協力型臨床研修施設研修実施責任者、研修協力施設研修実施責任者及び外部委員より構成し、円滑かつ効果のある臨床研修を行うため、毎年10月及び3月に研修管理委員会を開催し、研修評価を行い、それに基づいて研修プログラムを協議、計画を立て、必要な修正を行う。
更に歯科医師臨床研修管理委員会では、臨床研修の指導、監督及び到達目標への達成度、採用、中断、修了の評価等についても具体的に検討するものとする。

3.研修指導体制と医療事故への対応

管理型臨床研修施設及び協力型臨床研修施設における指導歯科医のもとで、基本的な知識、手技並びに全身的な治療管理を習得させる。
また、医療事故への対応については、診療に関わる医療事故の主たる責任は主治医が負うが、研修歯科医は受け持ち医として、重大事故発生の場合は、直ちに指導歯科医に連絡し、その支持を仰ぐものとする。

研修期間、場所等

  1. 研修期間は平成31年4月1日から平成32年3月31日までの1年間とする。
  2. 9ヶ月間は、管理型臨床研修施設での診療を中心に臨床研修を行う。
    3ヶ月間は、協力型臨床研修施設での研修を行う。
  3. 管理型臨床研修施設での研修期間中は、主に一般臨床の研修を行う。
  4. 管理型臨床研修施設での研修期間中に、研修協力施設の特別養護老人ホーム及び保健所での研修を各1週間行う。
  5. 協力型臨床研修施設での研修期間中は、岐阜県立多治見病院又は日本歯科大学新潟病院、東京歯科大学千葉病院のいずれかにて行う。

到達目標

「ベーシックコース」(基本習熟コース)については、研修歯科医自らが確実に実践できることが基本であり、臨床研修終了後に習熟すべき「アドバンスドコース」(基本習得コース)については頻度高く臨床において経験することが基本である。

プログラム内容

ベーシックコース(基本習熟コース)

〔一般目標〕

個々の歯科医師が、患者の立場を理解し、患者の希望に配慮した歯科医療を提供するために、基本的な歯科診療に必要な臨床能力を身につける。

(1)医療面接

【一般目標】

患者中心の歯科診療を実施するために、医療面接についての臨床能力を身につける。

【行動目標】

  1. コミュニケーションスキルを実施する。
  2. 病歴(主訴、現病歴、既往歴及び家族歴)聴取を的確に実施する。
  3. 病歴を正確に記録する。
  4. 患者の心理・社会的背景に配慮する。
  5. 患者・家族に必要な情報を十分に提供する。
  6. 患者の自己決定を尊重する(インフォームドコンセントの構築)。
  7. 患者のプライバシーを守る。
  8. 患者のQOLに配慮する。
  9. 患者教育と治療への動機づけを行う。
  10. 指導歯科医へ正確な情報を伝達する。

【研修内容】

  1. 自習、講義による知識の整理
  2. 臨床見学実習
  3. 臨床実施

【到達目標の達成に必要な症例数】

2症例

【症例数の数え方】

1人の初診患者の医療面接から総合治療計画の立案までを経験し、症例検討会を行った場合に1症例として数える。

【修了判定の評価を行う項目と基準】

・研修歯科医による自己評価(評価シートへの記入)と、指導歯科医による観察記録を行い評価する。
・症例検討会での発表、質疑応答を評価する。

【研修歯科医の指導体制】

指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)

(2)総合診療計画

【一般目標】

客観的な根拠に基づく効果的な歯科診療を行うために、基本的な各種検査手段と診断技術並びに総合診療計画の立案に必要な知識、態度、技能を身につける。

【行動目標】

  1. 全身及び口腔領域の医療情報を十分収集する。
  2. 各種検査の必要性とリスクを説明する。
  3. 基本的な診察・検査を実践し、その所見の判断をする。
  4. 得られた医療情報を基に診断する。
  5. 適切と思われる治療法及び別の選択肢を提示する。
  6. 診察・検査、治療法およびその予後を分かりやすく患者に説明する。
  7. 十分な説明による患者の自己決定を確認する。
  8. 他の医師・歯科医師や医療従事者との連携を考慮する。
  9. 一口腔単位の総合診療計画を作成する。

【研修内容】

  1. 自習、講義による知識の整理
  2. 臨床見学実習
  3. 臨床実施

【到達目標の達成に必要な症例数】

2症例

【症例数の数え方】

1人の初診患者の医療面接から総合治療計画の立案までを経験し、症例検討会を行った場合に1症例として数える。

【修了判定の評価を行う項目と基準】

・研修歯科医による自己評価(評価シートへの記入)と、指導歯科医による観察記録を行い評価する。
・症例検討会での発表、質疑応答を評価する。

【研修歯科医の指導体制】

指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)

(3)予防・治療基本技術

【一般目標】

歯科疾患と機能障害を予防・治療・管理するために、必要な基本的技術を身につける。

【行動目標】

  1. 基本的な予防法の手技を実施する。
  2. 基本的な治療法の手技を実施する。
  3. 医療記録を適切に作成する。
  4. 医療記録を適切に管理する。

【研修内容】

  1. 自習、講義による知識の整理
  2. 臨床見学実習
  3. 臨床実施

【到達目標の達成に必要な症例数】

2症例

【症例数の数え方】

1人の初診患者の医療面接から総合治療計画の立案までを経験し、症例検討会を行った場合に1症例として数える。

【修了判定の評価を行う項目と基準】

・研修歯科医による自己評価(評価シートへの記入)と、指導歯科医による観察記録を行い評価する。
・症例検討会での発表、質疑応答を評価する。

【研修歯科医の指導体制】

指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)

(4)応急処置

【一般目標】

一般的な歯科疾患に対処するために、応急処置を要する症例に対して、必要な臨床能力を身につける。

【行動目標】

  1. 疼痛に対する基本的な治療を実施する。
  2. 歯、口腔及び顎顔面の外傷に対する基本的な治療を実践する。
  3. 修復物、補綴装置等の脱離と破損及び不適合に対する適切な処置を実践する。

【研修内容】

  1. 自習、講義による知識の整理
  2. 臨床見学実習
  3. 臨床実施

【到達目標の達成に必要な症例数】

2症例

【症例数の数え方】

診査から応急処置までの一連の流れを経験した場合を1症例として数える。

【修了判定の評価を行う項目と基準】

診査時、応急処置の判断時、応急処置の終了時に評価を行う。

【研修歯科医の指導体制】

指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)

(5)高頻度治療

【一般目標】

一般的な歯科疾患に対処するために、高頻度に遭遇する症例の治療に必要な臨床能力を身につける。

【行動目標】

  1. 歯周疾患の基本的な治療を実践する。

    【研修内容】

    歯周治療

    1. 1)歯周検査
    2. 2)PCRを基にブラッシング指導
    3. 3)診断
    4. 4)歯肉縁上歯石の除去(スケーリング)
    5. 5)歯肉縁下歯石の除去(SRP)
    6. 6)スケーラーの選択とポジション
    7. 7)急性症状に対する消炎処置(処置法、投薬)
    8. 8)動揺歯の固定
    9. 9)処置後の患者への説明

    【到達目標の達成に必要な症例数】

    2症例

    【症例数の数え方】

    診査から歯周基本治療終了までを1症例として数える。

    【修了判定の評価を行う項目と基準】

    診査終了と治療計画作成時、歯周基本治療終了時に評価を行う。

    【研修歯科医の指導体制】

    指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)

  2. う蝕の基本的な治療を実践する。

    【研修内容】

    保存修復

    1. 1)窩洞に適した切削器具の選択と形成
    2. 2)齲蝕の除去
    3. 3)正しい修復法の選択
    4. 4)CR充填(単純窩洞)
    5. 5)CR充填(複雑窩洞)
    6. 6)充填後の咬合調整
    7. 7)CRの研磨

    【到達目標の達成に必要な症例数】

    20症例(単純:5症例、複雑:5症例を含む)

    【症例数の数え方】

    治療の流れを連続して経験した場合を1症例として数える。

    【修了判定の評価を行う項目と基準】

    術前、齲蝕除去時、CR充填治療終了時、質疑応答の評価を行う。

    【研修歯科医の指導体制】

    指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)

  3. 歯髄疾患の基本的な治療を実践する。

    【研修内容】

    歯内療法

    1. 1)象牙質知覚過敏症の診断
    2. 2)Hysの症状と処置方法の関連を患者に説明
    3. 3)Hysの処置と術後の管理
    4. 4)歯髄診断(歯髄疾患の鑑別)
    5. 5)診断に合った治療法の選択と準備
    6. 6)浸潤麻酔
    7. 7)軟化象牙質の除去と覆髄
    8. 8)覆髄に関する患者への説明
    9. 9)急性症状に対する応急処置(切開、投薬)
    10. 10)髄室開拡(バーの選択、窩洞形成)
    11. 11)根管形成、根管拡大
    12. 12)根管貼薬(綿栓、貼薬の選択)
    13. 13)根管充填 術後の患者への説明
    14. 14)仮封、TEKの仮着
    15. 15)感染根管処置 1)修復物の除去
    16. 16)感染根管処置 2)根充剤の除去
    17. 17)根管処置後の患者への説明

    【到達目標の達成に必要な症例数】

    抜髄あるいは感染根管治療 5症例

    【症例数の数え方】

    治療の流れを連続して経験した場合を1症例として数える。(すべての流れを経験することが望ましい。)

    【修了判定の評価を行う項目と基準】

    所定のプロトコールに記入の上、毎回質疑応答による評価を行う。

    【研修歯科医の指導体制】

    指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)

  4. 抜歯術の基本的な手技を実践する。

    【研修内容】

    抜歯

    1. 1)抜歯適応の診断
    2. 2)対診
    3. 3)患者への説明、同意
    4. 4)抜歯器具の選択
    5. 5)ヘーベルの使用
    6. 6)鉗子の使用
    7. 7)普通抜歯
    8. 8)難抜歯
    9. 9)縫合
    10. 10)止血
    11. 11)抜歯後の説明
    12. 12)投薬
    13. 13)抜歯後の消毒
    14. 14)抜歯後感染の診断と処置

    【到達目標の達成に必要な症例数】

    普通抜歯あるいは難抜歯 5症例

    【症例数の数え方】

    抜歯の診断から治療実施後の説明までを経験した場合を1症例として数える。

    【修了判定の評価を行う項目と基準】

    治療方針決定時、治療実施時、治療後の経過観察時、質疑応答時に評価する。

    【研修歯科医の指導体制】

    指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)

  5. 咬合・咀嚼障害の基本的な治療を実践する。

    【研修内容】

    クラウン・ブリッジ

    1. 1)支台築造の準備
    2. 2)支台築造のための根管形成
    3. 3)築造操作(ポストの選択、レジンの築盛)
    4. 4)支台歯形成(クラウン)
    5. 5)支台歯形成(ブリッジ)
    6. 6)支台歯形態の不備の確認
    7. 7)支台歯形態の不備の修正
    8. 8)連合印象採得
    9. 9)TECの種類と方法の選択
    10. 10)TECの製作(形態、咬合)
    11. 11)TECの修正、研磨
    12. 12)TEC仮着
    13. 13)作業用模型の製作、補綴物の技工
    14. 14)補綴物コンタクト調整
    15. 15)補綴物の適合
    16. 16)補綴物の咬合調整
    17. 17)補綴物の合着

    【到達目標の達成に必要な症例数】

    クラウンまたはブリッジ 5症例

    【症例数の数え方】

    すべての連続した治療の流れを経験することが望ましいが、治療の各ステップ(治療方針決定、支台築造、支台歯形成、印象採得、補綴物作製、補綴物装着)を経験した場合を1症例として数える。

    【修了判定の評価を行う項目と基準】

    治療方針決定時、支台歯形成後、および印象採得時、補綴物鋳造時、および口腔内装着時に評価する。

    【研修歯科医の指導体制】

    指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)

    【研修内容】

    デンチャー

    1. 1)術前診査、資料採得
    2. 2)診断および治療計画の立案
    3. 3)診断および診療方針の患者への適切な説明
    4. 4)前処置・印象採得
    5. 5)咬合採得
    6. 6)試適
    7. 7)義歯装着
    8. 8)患者指導
    9. 9)義歯調整

    【到達目標の達成に必要な症例数】

    部分床義歯(新製) 1症例

    【症例数の数え方】

    すべての連続した治療の流れを経験することが望ましいが、治療の各ステップ(診査・診断、治療計画、前処置、設計、装着、調整)を経験した場合を1症例として数える。

    【修了判定の評価を行う項目と基準】

    診査・診断時、治療計画の立案時、前処置、設計、装着、調整時に評価する。

    【研修歯科医の指導体制】

    指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)

  6. 小児患者における基本的な治療を実践する。

    【研修内容】

    小児歯科

    1. 1)小児の齲蝕治療 診査・診断
    2. 2)小児の齲蝕治療 治療方針
    3. 3)口腔衛生指導
    4. 4)齲蝕予防処置(フッ素塗布、シーラント)
    5. 5)修復処置(CR充填)
    6. 6)歯髄処置(抜髄、感染根管治療)
    7. 7)外科処置(乳歯抜歯、外傷歯固定)

    【到達目標の達成に必要な症例数】

    10症例(そのうちシーラント1症例、乳歯CR充填2症例、乳歯抜髄1症例、乳歯感染根管治療1症例を含むこと)

    【症例数の数え方】

    各治療を実施した場合に1歯1症例として数える。

    【修了判定の評価を行う項目と基準】

    治療実施終了時に評価する。

    【研修歯科医の指導体制】

    指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)

(6)医療管理・地域医療

【一般目標】

歯科医師の社会的役割を果たすために必要となる医療管理・チーム医療・地域医療に関する知識、態度、技能を身につける。

【行動目標】

  1. 保険診療を実践する。
  2. 保険診療の内容を記載する。
  3. 診療報酬を算定する。
  4. チーム医療を実践する。
  5. 地域医療を説明する。

【研修内容】

  1. 自習、講義による知識の整理
  2. 臨床見学実習
  3. 臨床実施

【到達目標の達成に必要な症例数】

1症例

【症例数の数え方】

1~5の行動目標に対する総合的な口頭試問を行った場合に1症例とする。

【修了判定の評価を行う項目と基準】

・指導歯科医による観察記録を行い評価する。
・口頭試問による評価を行う。

【研修歯科医の指導体制】

指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)

アドバンスドコース(基本習得コース)

〔一般目標〕

生涯にわたる研修を行うために、幅広い医療についての知識、態度、技能を習得する姿勢を身につける。

(1)救急救命処置(協力型施設)

【一般目標】

歯科診療で起こりうる緊急事態に対応するために、必要な救急救命処置に関する知識、態度、技能を習得する姿勢を身につける。

【行動目標】

  1. 成人、乳児、小児の一次救命処置、気道異物の除去、AEDの使用ができる。
  2. バイタルサインを測定できる。
  3. 末梢静脈路確保ができる。
  4. 成人、乳児、小児の二次救命処置を説明できる。

【研修内容】

  1. 自習、講義による知識の整理
  2. 臨床見学実習
  3. 臨床実施

【到達目標の達成に必要な症例数】

1症例

【症例数の数え方】

普通救命講習Ⅱを受講した場合には1症例とする。やむを得ず受講ができない場合には口頭試問を行う。

【修了判定の評価を行う項目と基準】

救命講習修了証の交付を評価する。

【研修歯科医の指導体制】

指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)

(2)医療安全・感染予防

【一般目標】

円滑な歯科診療を実施するために、必要な医療安全・感染予防に関する知識、態度及び技能を習得する。

【行動目標】

  1. 医療安全対策を説明できる。
  2. アクシデント及びインシデントを説明する。
  3. 医療過誤について説明する。
  4. 内感染対策(standard precautionを含む)を説明する。
  5. 院内感染対策を実施する。

【研修内容】

  1. 自習、講義による知識の整理
  2. 臨床見学実習
  3. 臨床実施

【到達目標の達成に必要な症例数】

1症例

【症例数の数え方】

1~5の行動目標に対する総合的な口頭試問を行った場合に1症例とする。

【修了判定の評価を行う項目と基準】

・研修歯科医による自己評価(評価シートへの記入)と、指導歯科医による観察記録を行い評価する。
・口頭試問による評価を行う。

【研修歯科医の指導体制】

指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)

(3)経過評価管理

【一般目標】

自ら行った歯科診療の経過を観察評価し、安定した予後を確立するために、診断及び診療に対するフィードバックに必要な知識、態度を習得する。

【行動目標】

  1. リコールシステムの重要性を説明する。
  2. 歯科診療の結果を評価する。
  3. 歯科診療の予後を推測する。

【研修内容】

  1. 自習、講義による知識の整理
  2. 臨床見学実習
  3. 臨床実施

【到達目標の達成に必要な症例数】

1症例

【症例数の数え方】

1~3の行動目標に対する総合的な口頭試問を行った場合に1症例とする。

【修了判定の評価を行う項目と基準】

・研修歯科医による自己評価(評価シートへの記入)と、指導歯科医による観察記録を行い評価する。
・口頭試問による評価を行う。

【研修歯科医の指導体制】

指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)

(4)医療管理

【一般目標】

適切な歯科診療を行うために、必要となる医療管理に関する知識、態度、技能を習得する。

【行動目標】

  1. 歯科医療機関の経営管理を説明する。
  2. 必要に応じた医療情報の収集を行う。
  3. 適切な放射線管理を実践する。
  4. 医療廃棄物を適切に処理する。
  5. 電子媒体を使用した医療記録について説明する。
  6. 電子媒体を使用した診療報酬の算定を説明する。

【研修内容】

  1. 自習、講義による知識の整理
  2. 臨床見学実習
  3. 臨床実施

【到達目標の達成に必要な症例数】

1症例

【症例数の数え方】

1~6の行動目標に対する総合的な口頭試問を行った場合に1症例とする。

【修了判定の評価を行う項目と基準】

・研修歯科医による自己評価(評価シートへの記入)と、指導歯科医による観察記録を行い評価する。
・口頭試問による評価を行う。

【研修歯科医の指導体制】

指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)

(5)地域医療

【一般目標】

歯科診療を適切に行うために、地域医療に必要な知識、態度及び技能を習得する。

【行動目標】

  1. 地域歯科保健活動を説明する。
  2. 歯科訪問診療を説明する。
  3. 歯科訪問診療を体験する。
  4. 医療連携を説明する。

【研修内容】

  1. 自習、講義による知識の整理
  2. 臨床見学実習
  3. 臨床実施

【到達目標の達成に必要な症例数】

1症例

【症例数の数え方】

1~4の行動目標に対する総合的な口頭試問を行った場合に1症例とする。

【修了判定の評価を行う項目と基準】

・研修歯科医による自己評価(評価シートへの記入)と、指導歯科医による観察記録を行い評価する。
・口頭試問による評価を行う。

【研修歯科医の指導体制】

指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)

(6)医療連携(協力型施設)

【一般目標】

病院内における他職種のスタッフとの連携のために、口腔領域の専門家としての知識、態度を習得する。

【行動目標】

  1. 医科から歯科診療上必要な情報を得ることができる。
  2. 口腔管理(口腔ケアなど)を理解し、説明できる。
  3. 歯科疾患と関連する全身疾患についての概要を説明できる。

【研修内容】

  1. 自習、講義による知識の整理
  2. 臨床見学実習
  3. 臨床実施

【到達目標の達成に必要な症例数】

1症例

【症例数の数え方】

1~3の行動目標に対する総合的な口頭試問を行った場合に1症例とする。

【修了判定の評価を行う項目と基準】

・研修歯科医による自己評価(評価シートへの記入)と、指導歯科医による観察記録を行い評価する。
・口頭試問による評価を行う。

【研修歯科医の指導体制】

指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)

特別研修

【一般目標】

個々の歯科医師が、行政及び社会福祉施設に対する理解を深め、患者に求められる歯科医療を提供するために、管理型施設において以下の項目の習熟を目指す。

(1)訪問歯科診療研修(介護保険を含む)

【一般目標】

円滑な訪問歯科診療を実践するために、必要な知識、態度及び技能を習得する。

【行動目標】

  1. 訪問歯科診療のさまざまなケースを経験する。
  2. 介護保険制度全体を説明する。
  3. 居宅療養管理指導を説明する。
  4. 居宅療養管理指導を体験する。
  5. 介護保険における医療記録と診療報酬の算定を説明する。
  6. 他の医療職との情報の共有化を進める。

【研修内容】

訪問歯科診療

  1. 医療面接
    1. 1)主訴を把握する
    2. 2)解釈モデルを知る
    3. 3)口腔内の観察を行う
    4. 4)既往歴、患者背景を把握する
    5. 5)医療面接をまとめる
    6. 6)診療への導入のための説明を行う
  2. 治療のセッティング
  3. 体位の準備
  4. バイタルチェック
  5. 治療、口腔ケア
  6. 次回の説明
  7. 後片付け
  8. 医院での事後処理
    1. 1)適切なカルテ記載と記録を行う
    2. 2)介護保険で提供されるサービスについて理解し、必要な書類を作成する

【到達目標の達成に必要な症例数】

15症例

【症例数の数え方】

訪問歯科診療に同行(午前あるいは午後)するごとに1症例として数える。

【修了判定の評価を行う項目と基準】

研修歯科医による自己評価(評価シートへの記入)と、指導歯科医による観察記録を行い評価する。

【研修歯科医の指導体制】

指導歯科医・上級歯科医が研修歯科医に患者を配当し、研修歯科医は指導歯科医・上級歯科医の指導の下、治療を行う。(患者配当型)

(2)がん患者等の周術期口腔機能管理研修

【一般目標】

歯科医師等によるチーム医療や医師等との連携に対する理解を深めるために、がん患者等の周術期における歯科医師の包括的な口腔機能管理を体験する。

【行動目標】

  1. がん患者等の周術期における口腔機能管理計画の策定を体験する。
  2. 患者の口腔衛生状態や口腔内の状態等の評価を体験する。
  3. 手術や放射線治療等を行う主病に関連する口腔内の変化に伴う日常的な療養の指導等を体験する。

【研修内容】

  1. 自習、講義による知識の整理
  2. 臨床見学実習
  3. レポートの作成

【到達目標の達成に必要な症例数】

1症例(レポート)

【修了判定の評価を行う項目と基準】

レポートは指導歯科医が評価を行い、目標達成の基準として、評価がB以上のレポートを1例提出することが必要。

【研修歯科医の指導体制】

各研修歯科医を担当する指導歯科医・上級歯科医を決め、レポート作成の際にサポート等を行う。

(3)特別養護老人ホーム研修

【一般目標】

円滑な多職種連携のために、介護保険施設における入所者と施設職員への理解を深める。

【行動目標】

  1. 介護保険施設の役割を説明する。
  2. 入所者と施設職員の関係を説明する。
  3. 医療と福祉の関係を説明する。

【研修内容】

  1. 自習、講義による知識の整理
  2. 介護保険施設見学実習
  3. レポートの作成

【到達目標の達成に必要な症例数】

1症例(レポート)

【修了判定の評価を行う項目と基準】

レポートは指導歯科医が評価を行い、目標達成の基準として、評価がB以上のレポートを1例提出することが必要。

【研修歯科医の指導体制】

研修実施責任者及び各部門責任者の指導の下、研修を行う。指導歯科医は、レポート作成の際にサポート等を行う。

(4)保健所研修

【一般目標】

地域歯科活動等の円滑な実施のために、保健所の組織・業務を理解する。

【行動目標】

  1. 生活衛生について説明する。
  2. 健康増進における保健予防について説明する。
  3. 健康増進における保健指導について説明する。

【研修内容】

  1. 自習、講義による知識の整理
  2. 保健所業務見学
  3. レポートの作成

【到達目標の達成に必要な症例数】

1症例(レポート)

【修了判定の評価を行う項目と基準】

レポートは指導歯科医が評価を行い、目標達成の基準として、評価がB以上のレポートを1例提出することが必要。

【研修歯科医の指導体制】

研修実施責任者及び各部門責任者の指導の下、研修を行う。指導歯科医は、レポート作成の際にサポート等を行う。

 

(参考) 保健所研修プログラム
1日目
  • 9:00~ ガイダンス
  • 9:30~ 所長面談
  • 10:00~ 保健所の概要について
  • 13:00~ 午前まとめ
  • 13:30~ 食品衛生責任者再教育講習会
    準備・受付・受講
  • 16:30~ 午後まとめ
2日目
  • 9:00~ 成人保健に関する業務について
  • 10:00~ 母子保健に関する業務について
  • 11:00~ 栄養指導に関する業務について
  • 13:00~ 午前まとめ
  • 13:30~ 児童虐待の現状と取り組み等について
  • 16:30~ 午後まとめ
3日目
  • 9:00~ HIV・肝炎検査見学
  • 11:30~ 午前まとめ
  • 13:00~ 健康活動危機管理・精神保健に関する業務について
  • 14:00~ 作業所見学
  • 16:30~ 午後まとめ
4日目
  • 9:00~ 環境に関する業務について
  • 10:00~ 薬事に関する業務について
  • 11:00~ 医事に関する業務について
  • 13:00~ 1歳半検診
  • 16:00~ 午前まとめ
  • 16:30~ 午後まとめ
5日目
  • 9:00~ 献血キャンペーン
  • 13:00~ 午前まとめ
  • 13:30~ 動物に関する業務について
  • 14:30~ レポート作成
  • 16:00~ 反省・意見交換

プログラム修了の認定

歯科医師臨床研修管理委員会は、プログラムの評価項目についての研修歯科医の自己評価法及び指導歯科医による客観的評価に基づき、当初の到達目標に至ったか否かを討議し、最終的に歯科医師臨床研修管理委員会が研修修了を認定し修了証を授与する。