高品質の医療環境を
整えています。

あらゆる症例に対応し、治療効果を最大限に発揮するために、最新の診療設備を導入しています。
一般の歯科治療はもちろん、他院では難しい症例の治療に対応可能です。

最高レベルの医療品質の証です

インプラント専用手術室

インプラント埋入手術は、本来完全な消毒体制でのみ行う処置です。インプラント治療における専門手術の有無は医療の品質、安全管理体制の整備状況をあらわします。私たちはいつも最高品質の治療をお約束致します。


院内に歯科技工士が常駐

院内技工室

歯科技工士が院内に常駐しているので歯科医師と連携し、質の高い補綴物(ほてつぶつ)を短期間で提供することが可能です。ケースによっては即日対応も可能です。歯科技工士の目で患者さんの補綴物の色合いや適合を確認できるので、より自然な見た目とかみ心地を提供できます。


入院や手術後のリカバリーに

入院用個室

手術入院や術後の体調回復が必要な方などにご利用いただけます。明るく清潔な個室内にはシャワー室も完備しています。


より正確かつ安全な診断が可能

歯科用CT

従来のレントゲンでは把握しにくかった骨の奥行や幅、厚みなどもデータとして把握できるため、より精度の高い治療計画の立案が可能。確実な診査や難しい診断のために不可欠な高度診断機器です。
全てのインプラント治療および一部の保険治療で使用します。

最適な治療の選択に役立ちます

チェアサイド大型モニター

全治療ユニットにチェアサイド大型モニターを設置。治療方針の説明と並行して、X線写真やお口の中の状態を患者さん自身の目で確認していただけます。歯科医師がご提案する治療方針をご理解しやすく、患者さんにとって最適な治療方法を選択していただくのに役立ちます。

新世代デジタルパノラマX線撮影装置

プロマックス

上下の顎の骨と全体の歯を一度に確認するためのレントゲン装置です。X線被爆量が従来装置の約1/10(当院比較)と少なく、画像の精度も極めて高いのが特長です。手術中や術直後を確認できるので、歯科医師と患者さんも安心かつ安全な治療が可能です。

佐藤歯科医院が誇る感染対策

大学病院オペ室レベルの滅菌プログラム

病院は病気治療の場である一方、さまざまな人が集まるため病原体に感染しやすいリスクがあります。
そうした「院内感染」を防ぐため、当院では世界で最も厳しいヨーロッパの基準を満たした最新機器を導入。
治療に使用する器具の滅菌を徹底し、清潔で安全な治療環境を維持しています。

  • 感染源のたんぱく質汚れを
    完全除去

    全自動熱水消毒洗浄器

    感染源となる血液や唾液などのたんぱく質汚れを冷水から予備洗浄。高水圧で確実に除去した上で、熱湯消毒を行います。徹底した温度管理と高い水圧による洗浄は、肝炎やHIVウイルスにも効果を発揮します。

  • 滅菌能力にすぐれた特許システム

    低温プラズマ滅菌器

    大学病院でも導入例が少ない最高レベルの滅菌・乾燥器。極めて高度な滅菌能力と安全性を備え、世界初の特許を取得しています。滅菌終了後は無害な水となり、エチレンオキサイドなど毒性のあるガスを使用しないため、人体にも安全です。

  • 精密な内部まで徹底的に
    洗浄・滅菌

    ハンドピース滅菌

    患者さんの口腔内に直接ふれるハンドピース(治療用ハンドドリル)の内部を徹底的に洗浄・滅菌。手洗いでは落とせない汚れを確実に除去し、スピーディーに滅菌できます。

  • 治療は常に清潔な器具で

    使い捨て・個別パック

    コップからエプロンに至るまで、可能な限りディスポーサブル(使い捨て)を実践。手袋は患者さんごとに交換・破棄を徹底しています。ミラーやピンセットは個別パックに入れて滅菌。使用する際に患者さんの前で開封しています。


当院の衛生管理・院内感染対策について

平成26年5月18日発行の讀賣新聞朝刊の一面に、「歯削る機器7割使い回し」という記事が掲載されました。

読売新聞 2014年5月18日
クリックすると拡大します

当院では患者様が安心して治療を受けて頂けるよう、万全の衛生管理・感染対策をとっております。
記事では「全国の歯科医療機関の7割が歯を削る医療機器(ハンドピース=治療用ハンドドリル)を滅菌処理せずに患者間で使い回している」ということですが、ハンドピースは直接患者様の口腔に触れるため、高い滅菌処理が求められます。
当院ではSirona社製DACユニバーサルを導入、ハンドピースの精密な内部を確実に洗浄・除菌しています。
患者様に安心して歯科治療を受けていただけるよう、当院は今後も徹底した衛生管理・院内感染対策に取り組むことをお約束いたします。