口の中やあごに違和感がある

医局長/歯科医師
近藤 隆行

一般歯科治療では難しい口腔トラブル、
手術を要する症例にも対応します。

埋没した親知らずや顎骨嚢胞(顎の骨の中にできた膿のふくろ)、口腔内の腫瘍性病変、顎の関節や骨の異常といった病態については、一般歯科治療での対応が困難な場合も少なくありません。こうした症例を専門に扱うのが口腔外科です。小規模医院で口腔外科を専門に行える施設はほとんどないため、総合病院への転院を勧められることが多いのが現状です。当院の口腔外科担当医師は大学病院や総合病院の歯科口腔外科で数多くの治療・手術を手がけた経験を持ち合わせております。そのため当院は口腔外科で扱う症例のほとんどに対応可能であり、院内での口腔外科手術も多く行っています。
また悪性腫瘍や重症外傷など当院での治療が困難な場合は、患者さんの希望に応じて信頼できる総合病院の歯科口腔外科を迅速にご紹介いたします。
近年は、加齢による口腔機能の衰え(オーラルフレイル)や脳血管障害などに起因する摂食嚥下障害(物を咀嚼したり飲み込んだりする機能が不十分になる)にも力を入れており、口腔機能の回復や維持増進だけでなく、嚥下機能についてもスクリーニング検査や嚥下内視鏡検査を行い適切に評価し、機能回復や維持を推進しております。どうぞお気軽にご相談ください。


口腔外科治療
お口の中やあごの骨の外科治療

「顎を動かすと関節からカクカク音がする」「歯ぐきが痛んで顔が腫れてきた」「唇にできものができた」「舌が動かしにくい」など、虫歯や歯周病とは異なるお口の症状がある方は、口腔外科治療の対象となる場合があります。

【口腔外科で扱う疾患の例】

  • ●埋伏歯(歯ぐきに埋没している歯が痛くなった)
  • ●顎関節症(口を開けにくい、顎関節やその周辺の痛みや雑音)
  • ●歯に起因する炎症(歯ぐきが腫れて痛い、顔が腫れてきた)
  • ●口内炎(口の中の粘膜が痛い、粘膜が白くなっている)
  • ●良性腫瘍(唇や舌にできものがある)
  • ●顎嚢胞(顎の骨に膿のふくろがある)
  • ●粘液嚢胞(唇の内側や舌に膨れがある)
  • ●舌小帯強直症(舌の下面が突っ張って動かしにくい)
  • ●外傷(唇や舌、口の中のケガ、骨折など)
  • ●補綴前処置(骨のコブやお口の形態により入れ歯が入りにくい)

親知らず治療
埋伏歯の抜歯では粘膜の切開や骨を削るような難しい抜歯となります

永久歯は多くの人が13歳前後ではえそろいますが、親知らずだけは20歳前後に生えてきます。歯列の一番奥に位置しており、上あご・下あごの左右計4本存在しますが、人によってはもともと1、2本ないという場合も少なくありません。日本人の場合は、親知らずがまっすぐ生える人は少なく、斜めや真横に生えたり、埋没して出てこない場合も多くみられます。
親知らずは口の中の一番奥に生えるため歯ブラシが届きにくく、虫歯になりやすい歯です。また、汚れがたまりやすいので、しばしば、周囲の粘膜が腫れたり、痛くなったりすることがあります。埋没している歯でも、このような症状はみられます。他の歯の虫歯や歯周病を悪化させたり、歯並びを悪くする原因になることもありますので、抜歯が必要になることが多い歯になっています。

他院で「抜歯できない」と言われたときもご相談ください

深く埋没した親知らずの場合などでは、周囲の神経との位置関係、上顎洞との位置関係などにより、抜歯できないと言われる場合もあると思います。
当院では、実績豊富な口腔外科医が難症例にも対応いたします。また、必要に応じて術前にCT検査を行い、顎の骨や周辺組織の構造を立体的に把握し、安全かつ確実な手術を行います。他院で抜くことができないと言われた親知らずについてもご相談ください。