快適な食生活がしたい

医局長/歯科医師
近藤 隆行

ご要望やご予算に合わせた
さまざまな治療のご提案が可能です。

歯が失われたままにしておくと、その部分で物をかみにくくなるばかりでなく、隣の歯などが動いてしまい、結果としてかみ合わせや歯並びが悪くなり、虫歯や歯周病のリスクが高まるなどの多くの悪影響が生じます。虫歯や歯周病が進行し保存不可能になった歯については、他の歯を守る意味でも抜歯が必要になりますが、抜歯をしたら早めに歯を補う治療を行うことが大切です。
義歯(入れ歯)には、歯が全く残っていない場合の総入れ歯、1本でも歯が残っている場合の部分入れ歯があります。形や大きさを比較的自由に設計できるので、様々な歯の欠損状態に対応可能な治療です。
義歯(入れ歯)は、自分で取り外しができるので清潔な状態に保てること、増歯などの修理が比較的容易に行えること、粘膜(歯ぐき)で支えることで歯にかかる負担が軽減されるなどの利点がありますが、天然歯に比べてかむ力が弱く、違和感が出やすいこと、金具(バネ)の見た目が良くないことなどの欠点があります。
ブリッジは、失った歯の両隣の歯を支えにして、橋渡しをするようにつながったかぶせ物を固定する治療のことで、「橋」のような形であるのでブリッジとよばれています。失った歯の場所や数によっては、隣接する歯を2本以上削って支えにすることもあります。また、失った歯の数が多い場合や両隣の歯の状態などによっては、ブリッシの設計ができない場合もあります。
かぶせ物を固定する治療法なので、しっかりかめる、違和感が少ないなどの利点がある反面、両隣の歯を削る必要があること、支えになる歯に負担をかけるなどの欠点もあります。
インプラントは、失った歯の部分のあごの骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を固定する治療です。あごの骨が薄い場合でも、骨造成という骨を再生する治療を併用することで適応となる場合も多くあります。
骨に固定する治療なので、自分の歯と同様にかめる、見た目が良い、他の歯に負担をかけないという利点がありますが、義歯(入れ歯)やブリッジとは異なり、保険は適用にならず保険適用外診療になります。
当院ではそれぞれの治療の利点と欠点を十分にご説明し、ご要望やご予算などにフィットした最適な選択をしていただけるよう配慮しています。しっかりと物をかめるということは健康寿命を延ばすことにもつながりますから、歯を失ったら放置せず早めにご相談ください。


義歯(入れ歯)治療
患者さんにとって使いやすい義歯(入れ歯)を作製

歯や歯ぐき、顎の骨の形態は人により異なるので、義歯(入れ歯)は一つ一つがオーダーメイドとなります。当院は、何より患者さんとの対話を大切にしています。患者さんのお悩みやご希望に耳を傾けて、いま困っていることや治療に対する要望を把握した上で、義歯を作製致します。義歯は、完成するまでの製作過程、完成後はお口に馴染むまでの調整をする過程と、時間や回数を要する治療です。作製前によく相談させて頂き、その上で当院を信頼して治療をお任せ頂くことにより、ひとり一人にとって最適となる義歯を作製することが可能となります。

院内に歯科技工士が常駐

口腔内の形は十人十色。患者さんの数だけ義歯の形があります。その人の体の一部として機能する義歯は高度な精密性を要求される技工物であり、理論に基づいた治療法に加えて、職人的な技術も求められます。当院では、開業以来、院内に専属歯科技工士を置くスタイルを貫いています。治療の現場と技工部署が直結しているため、製作過程や装着後の調整において、患者さんごとに合わせた微調整が可能になります。また、義歯はどれだけ精密に適合した状態で完成しても、使用していくうちに少しずつゆるみなどが生じるため、痛みや破損などの急なトラブルも少なくありません。そのような事態に対しても、院内に歯科技工士が常駐していることで、早めの対応や修理が可能となります。

【保険適用診療】

保険義歯

義歯はほとんどの欠損状態において、保険治療で作製することができます。
義歯の作製から調整まで、すべて保険内での治療となるため、安価に作製できます。ただし保険義歯は、厚みや熱伝導性の低さのため馴染みにくく、破損や変形がみられることも事実です。

【特徴】
  • ●安価に作製できる
  • ●床部分が厚く違和感がでやすい
  • ●破損や変形が多い

【保険適用外診療】

金属床義歯

歯列より内側の顎の粘膜と密着する部分が金属でできている入れ歯です。金属製の床部分が薄いため違和感が少なく、熱伝導性が良いので食事中に食べ物の温度を感じることができ、食べ物が美味しく感じます。さらに、保険義歯と比べて高い耐久性があります。

【特徴】
  • ●床部分が薄いため違和感がほとんどない
  • ●熱が伝わりやすく、食べ物の冷たさ・温かさが感じられる
  • ●耐久性が高い
ノンクラスプ義歯

保険義歯のような金属のバネではなく、歯ぐきと同じ色の樹脂性のバネで支える義歯です。装着時の違和感が少なく、見た目も自然です。

【特徴】
  • ●金属のバネがないので、義歯を装着していることに気づかれにくい
  • ●保険義歯よりも薄いだけでなく、柔らかく軽いので、違和感が少ない
  • ●歯の根元で支えるため、歯の負担が少ない
  • ●高い密着性があるので、食べ物などがつまりにくい
インプラント義歯

「インプラント」と呼ばれるチタン製ネジを顎の骨に埋め込み、これを土台にして義歯を装着します。現在の治療法の中では最も確実に固定でき、入れ歯のガタつきに伴う痛みを軽減できます。インプラントを埋める際には手術が必要となります。

【特徴】
  • ●インプラントに固定するので、外れることはほとんどない
  • ●自分の歯と同等にしっかりかめる
  • ●目立つところにバネなどの固定装置がないため、義歯だとは気づかれない。

ブリッジ治療
無理のない設計で長く使えるブリッジを作製

ブリッジは歯を失った部分の両隣の歯を支えにするので、それらの歯の状態が治療のカギとなります。隣の歯の状態が悪いのにブリッジ治療をすると、ブリッジの破損や支えにした歯の喪失につながります。
当院では、ブリッジ治療を行う前に、今後の見込みについて十分にご説明します。隣の歯の状態が悪いときは、他の治療をご提案させて頂く場合もあります。
保険適応の治療ですが、保険適用外診療であれば金属を含まないセラミック製の白い歯で作製することも可能です。

インプラント治療
自分の歯のように快適なかみ心地を取り戻す

インプラント治療は、歯の根の代わりとなるチタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を固定する治療です。ブリッジのように隣の歯を削る必要はなく、義歯(入れ歯)のような煩わしさもありません。何より、自分の歯と同じようにしっかりかめるようになりますし、日々のお手入れや定期的なメンテナンスを行えば、長期的な安定が得られます。安全な設備環境のもとで、技術をそなえた歯科医師がしっかりした方法で治療することで、天然歯のように自然なかみ心地とお口の健康を取り戻すことができる治療法です。


インプラント専用手術室

当院は、患者さんに清潔な状態で、できるだけリラックスしてインプラント手術を受けて頂けるよう、専用の手術室を完備しています。手術に用いる器具は全て滅菌済なのはもちろん、手術中は術野を清潔に保つために歯科医師、アシスタントスタッフは手術着を着用し、術野は滅菌覆布で保護して手術を行います。また、独立した手術室ですので、周囲の音なども最小限におさえられます。

CT撮影による安全で正確な診断

一般に、インプラント治療の失敗の一因に、術前の検査や計画の不備に起因する、誤った方向・角度・深さにインプラントを埋入してしまうという事例があります。当院では、手術前に手術用マウスピースを作製し、それを装着した状態でCT撮影を行います。このように検査を十分に行うことで、手術予定部位を立体的に把握し正確なシミュレーションを行うことが可能となります。手術中もマウスピースを装着し、術前シミュレーション通りに埋入を行うことで、正確な方向、深さにインプラントを固定することが可能となり、同時に神経や血管を損傷といった合併症も未然に防ぐことができ、高い安全性も確保されます。