お口の健康を維持したい

歯科衛生士
白木 亜弥

一生自分の歯で食事を楽しむために、
定期的な通院をお勧めします。

歯を失う主な原因は虫歯と歯周病ですが、「歯科=歯が痛くなったら行く所」と考えている方がまだまだ多く、自覚症状が出る頃にはかなり進行しているケースも少なくありません。その反面、最近は自らすすんで予防目的に歯科を受診される患者さんも増えています。特に歯を失ってしまった方ほど「これ以上失いたくない」という思いで真剣に取り組んでいらっしゃるようです。
当院では虫歯・歯周病に対して、早期発見・早期治療を行うことで、歯の喪失を予防し、歯周病に対しては病状が安定したあとでも、重症化予防のために定期的な歯周安定期治療(SPT)を行うことに力を入れています。虫歯についても、歯磨き指導などにより、再発予防や早期発見を目指して努力しています。
自分の歯で物を食べることで、食事をおいしく楽しんで摂取することができ、栄養状態も良好に保てます。かむことは脳に刺激を与えて認知症予防にもつながります。一生自分の歯でかめる健康な状態を維持するために、定期的な通院をお勧めいたします。


虫歯・歯周病予防
月間2,000人近い患者さんが歯周安定期治療(SPT)に通っています

「毎日歯を磨いているのに虫歯や歯周病になってしまった」という人は少なくありません。自己流の歯磨きでだけは磨き残しができてしまい、歯の表面に歯垢が付着します。歯垢は粘着性が強くうがいをした程度では落ちません。歯垢1mgの中には10億個の細菌が住みついているといわれ、虫歯や歯周病をひき起こします。その中でも歯周病をひき起こす細菌が特異的に存在していることがわかっています。歯周病とは、この歯垢の中の細菌によって歯肉に炎症をひき起こし、やがては歯を支えているあごの骨を溶かしていく病気のことです。
歯垢は約2週間で硬くなり、歯石に変化します。歯石は歯磨きでは取り除くことができません。この歯石の中や周りにさらに細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けます。
当院では歯科衛生士による歯周病治療や歯面清掃で、歯垢や歯石を除去するとともに、正しい歯磨きによるセルフケアのアドバイスも行っています。

【予防歯科のメリット】

●虫歯や歯周病の早期発見・早期治療

歯を失わないようにする予防の第一歩は早期発見と早期治療です。虫歯や歯周病はご自分ではわからないうちに進行していく場合も少なくありません。また、毎日気をつけて歯磨きをしているつもりでも、歯の裏側や歯と歯ぐきの境目に歯石が沈着していることも珍しくはありません。少しでも気になることがあったり、おかしいと感じたら、まずは受診してご相談ください。

●虫歯や歯周病の再発を防ぐ

虫歯や歯周病の治療を行ったら、次に大切なのは、また再発しないように予防していくことです。特に歯周病は再発の多い病気です。治療により症状が改善したとしても、溶けてしまった骨が完全に元通りに戻るわけではなく、ほとんどが歯と歯肉がそっと寄り添うような形で落ち着いている状態になったにすぎません。また残念ながら、部分的に治りきらないところが残ることもあります。しかしそのような状態でもメンテナンスを継続することにより、歯周病の進行を食い止めることができます。

●治療の痛み・負担を
低減する

歯痛は大きなストレスを引き起こし、集中力を低下させます。もし虫歯や歯周病になってしまっても、早期に発見して治療できれば痛みや症状が軽くすむ場合も多くあります。さらに、重症になってしまってから治療を行うよりも、治療期間や治療費の負担が少なくてすみます。
早期発見・早期治療、歯周安定期治療(SPT)と継続して行うことで、痛みや負担の低減を目指しましょう。

●お口の中がスッキリする

お口の中が清潔だとスッキリ爽快で気持ちが良いもの。この気持ち良さを実感するとお口の中の汚れに敏感になり、口腔への意識も高まります。いつも清潔な状態をキープすることで、お口の異変にいち早く気づくようになり、歯の喪失予防につながります。

訪問歯科診療・口腔ケア
健康な生活のために、まずはお口の健康から

高齢になると物を咀嚼したり嚥下したりする機能が低下し、栄養状態が不良となりやすく、免疫力や体力の低下を招いたり、脳への刺激不足による認知症の進行を招いたりします。また、唾液の分泌が減って口腔内の自浄作用が低下します。
口腔内が汚れた状態で、唾液が気管や肺に入る誤嚥を生じると、唾液に含まれる口腔内常在菌により誤嚥性肺炎を起こすリスクが高まり、命にかかわることとなります。
当院では介護や支援を必要とする方に対して、訪問歯科診療も行っており、通院外来で行うのと同等の治療を行うだけでなく、ご自分で十分にお手入れできない方に対して、口腔ケアをお手伝いたします。
また、単に口腔内を清潔に保つだけでなく、咀嚼機能や嚥下機能などの口腔機能の維持増進を目的とした、専門的な口腔ケアについても積極的に行っております。
お口の健康は、全身の健康と密接に結びついています。外来に通院することが難しくなった方も、是非ご相談ください。

【口腔ケアのメリット】

●虫歯や歯周病の進行予防

●誤嚥性肺炎の予防

●認知症の進行予防

●唾液の分泌を促し、口腔内の乾燥を予防

●味覚の改善

●咀嚼機能・嚥下機能の維持増進

●健康寿命の延伸

など

スケーリング・ルートプレーニング
気になる歯石を除去する

当院では、歯周病の治療として保険治療で歯垢や歯石を除去するスケーリング・ルートプレーニングを積極的に行っております。歯周病は、放置すると次第に進行してしまい、ついには歯の喪失の原因になっていきます。そのため、歯周基本治療を中心とした初期治療を行い、安定後は歯周安定期治療を継続することが重要です。また、歯石は歯磨きで除去できない汚れのため、定期的な除去が必要となります。歯周安定期治療は、お口の健康を維持するためには非常に効果的な方法です。

●スケーリング・ルートプレーニング(保険適応治療)

歯面や歯周ポケット内に付いた歯垢や歯石などを、専用の器具を用いて除去する治療で、歯周基本治療に含まれます。
歯の表面に付いた汚れは毎日の歯磨きでだいたい落とすことができますが、歯ブラシの届きにくい歯と歯ぐきの間や奥歯などに磨き残しがあると、短期間で歯石になってしまいます。一度付いた歯石は歯ブラシでは除去できないので、2~3ヶ月に1回ほどは歯石の除去を行うと効果的です。

お口のクリーニング
歯についた色素汚れを除去する

歯周病の治療では歯垢や歯石は除去されますが、歯に沈着したタバコのヤニやコーヒー、お茶、ワインなどの汚れ(ステイン)は除去が難しい場合もあります。このような場合は、保険適用外診療のお口のクリーニングが効果的です。

●お口のクリーニング(保険適応外治療)

歯磨きや歯周基本治療を行っても、落としきれない着色汚れがあります。代表的なものにタバコのヤニ、お茶やコーヒーによるステインなどがあります。このような状態では、見た目が悪いだけでなく、歯面のざらつきなどを感じることもあります。
お口のクリーニングは歯の表面に微細な粒子を吹き付けて着色汚れを除去する方法で、行う際の痛みなどはありません。歯をきれいにすることで、歯に自信を持てるだけでなく、お口の中のさわやかさアップにもつながります。